locale_ja-JP.ini 56 KB

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423424425426427428429430431432433434435436437438439440441442443444445446447448449450451452453454455456457458459460461462463464465466467468469470471472473474475476477478479480481482483484485486487488489490491492493494495496497498499500501502503504505506507508509510511512513514515516517518519520521522523524525526527528529530531532533534535536537538539540541542543544545546547548549550551552553554555556557558559560561562563564565566567568569570571572573574575576577578579580581582583584585586587588589590591592593594595596597598599600601602603604605606607608609610611612613614615616617618619620621622623624625626627628629630631632633634635636637638639640641642643644645646647648649650651652653654655656657658659660661662663664665666667668669670671672673674675676677678679680681682683684685686687688689690691692693694695696697698699700701702703704705706707708709710711712713714715716717718719720721722723724725726727728729730731732733734735736737738739740741742743744745746747748749750751752753754755756757758759760761762763764765766767768769770771772773774775776777778779780781782783784785786787788789790791792793794795796797798799800801802803804805806807808809810811812813814815816817818819820821822823824825826827828829830831832833834835836837838839840841842843844845846847848849850851852853854855856857858859860861862863864865866867868869870871872873874875876877878879880881882883884885886887888889890891892893894895896897898899900901902903904905906907908909910911912913914915916917918919920921922923924925926927928929930931932933934935936937938939940941942943944945946947948949950951952953954955956957958959960961962963964965966967968969970971972973974975976977978979980981982983984985986987988989990991992993994995996997998999100010011002100310041005100610071008100910101011101210131014101510161017101810191020102110221023102410251026102710281029103010311032103310341035103610371038103910401041104210431044104510461047104810491050105110521053105410551056105710581059106010611062
  1. app_desc=Go言語で実装したセルフホストGitサービス
  2. home=ホーム
  3. dashboard=ダッシュボード
  4. explore=エスクプローラ
  5. help=ヘルプ
  6. sign_in=サインイン
  7. sign_out=サインアウト
  8. sign_up=サインアップ
  9. register=登録
  10. website=WEBサイト
  11. version=バージョン
  12. page=ページ
  13. template=テンプレート
  14. language=言語
  15. create_new=作成...
  16. user_profile_and_more=ユーザープロファイルなど
  17. signed_in_as=サインイン済み
  18. username=ユーザ名
  19. email=E-mail
  20. password=パスワード
  21. re_type=再入力
  22. captcha=キャプチャ
  23. repository=リポジトリ
  24. organization=組織
  25. mirror=ミラー
  26. new_repo=新しいリポジトリ
  27. new_migrate=新しい移行
  28. new_mirror=New Mirror
  29. new_fork=新しいフォークのリポジトリ
  30. new_org=新しい組織
  31. manage_org=組織を管理
  32. admin_panel=管理者パネル
  33. account_settings=アカウント設定
  34. settings=設定
  35. your_profile=あなたのプロファイル
  36. your_settings=あなたの設定
  37. news_feed=ニュースのフィード
  38. pull_requests=プルリクエスト
  39. issues=課題
  40. cancel=キャンセル
  41. [search]
  42. search=検索...
  43. repository=リポジトリ
  44. user=ユーザ
  45. issue=課題
  46. code=コード
  47. [install]
  48. install=インストール
  49. title=初回実行のインストール手順
  50. docker_helper=DockerでGogsを稼動する場合、このページに変更を加えるまえに、 <a target="_blank" href="%s">Guidelines</a>をよく読んでください!
  51. requite_db_desc=Gogs は、MySQL、PostgreSQL、SQLite3 または TiDB が必要です。
  52. db_title=データベース設定
  53. db_type=データベースの種類
  54. host=ホスト
  55. user=ユーザ
  56. password=パスワード
  57. db_name=データベース名
  58. db_helper=Mysql INNODB エンジン utf8_general_ci の文字セットを使用してください。
  59. ssl_mode=SSL モード
  60. path=パス
  61. sqlite_helper=SQLite3 または TiDB のデータベースのファイル パス。
  62. err_empty_db_path=SQLite3 または TiDB データベースのパスを空にすることはできません。
  63. err_invalid_tidb_name=TiDB データベース名は文字"."と"-"を許可しない。
  64. no_admin_and_disable_registration=You cannot disable registration without creating an admin account.
  65. err_empty_admin_password=管理者パスワードは空白にできません。
  66. general_title=Gogs の全般設定
  67. app_name=アプリケーション名
  68. app_name_helper=素晴らしい組織名を入れてください!
  69. repo_path=リポジトリのルートパス
  70. repo_path_helper=すべての Git リモート リポジトリはこのディレクトリに保存されます。
  71. run_user=実行ユーザ
  72. run_user_helper=ユーザーはリポジトリ ルートパスへのアクセス、及びGogs を実行する権限を所有する必要があります。
  73. domain=ドメイン
  74. domain_helper=これはSSHクローンURLに影響する。
  75. ssh_port=SSH ポート
  76. ssh_port_helper=あならのSSHサーバおポート番号、SSH機能を無効するにはここを空白のままにしてください。
  77. http_port=HTTP ポート
  78. http_port_helper=アプリケーションが待ち受けするポート番号。
  79. app_url=アプリケーションの URL
  80. app_url_helper=この設定は、HTTP / HTTPSのクローンURLおよび、一部のメールボックスへのリンクに影響を与えます。
  81. optional_title=オプション設定
  82. email_title=E-mailサービス設定
  83. smtp_host=SMTP ホスト
  84. smtp_from=差出人
  85. smtp_from_helper=送信者メールアドレス、RFC 5322。フォーマットはメールアドレスのみ、または"Name" <email@example.com>。
  86. mailer_user=送信者の電子メール
  87. mailer_password=送信者のパスワード
  88. register_confirm=登録の確認を有効にする
  89. mail_notify=メール通知を有効にする
  90. server_service_title=サーバーとその他のサービスの設定
  91. offline_mode=オフラインモード有効化
  92. offline_mode_popup=プロダクション モードでCDN を無効にし、すべてのリソースファイルをローカルで提供します 。
  93. disable_gravatar=Gravatarのサービスを無効にします
  94. disable_gravatar_popup=Disable Gravatar and custom sources, all avatars are uploaded by users or default.
  95. disable_registration=自己登録を無効にする
  96. disable_registration_popup=自己登録を無効にし、管理者のみがアカウント作成できる
  97. enable_captcha=Captchaを有効にする
  98. enable_captcha_popup=ユーザによる自己登録のため、有効なcaptchaが必要です。
  99. require_sign_in_view=サインインしたユーザのみページ閲覧を許可
  100. require_sign_in_view_popup=サインインしたユーザのみがページを閲覧できます。ビジターはサインインもしくはサインアップページのみ見られます。
  101. admin_setting_desc=今管理者アカウントを作成する必要はありません。ID = 1のユーザ は自動的に管理者の権限を獲得します。
  102. admin_title=管理者アカウントの設定
  103. admin_name=ユーザ名
  104. admin_password=パスワード
  105. confirm_password=パスワード確認
  106. admin_email=管理者の電子メール
  107. install_gogs=Gogs をインストール
  108. test_git_failed='Git' コマンドテストに失敗: %v
  109. sqlite3_not_available=このリリース バージョンは SQLite3 をサポートしていません。gobuild バージョンではない、公式のバイナリ バージョンを %s からダウンロードしてください。
  110. invalid_db_setting=データベースの設定が正しくありません: %v
  111. invalid_repo_path=リポジトリのルート パスが無効です: %v
  112. run_user_not_match=実行ユーザーは、現在のユーザーではない: %s-> %s
  113. save_config_failed=構成の保存に失敗した: %v
  114. invalid_admin_setting=管理者アカウントの設定が無効です: %v
  115. install_success=ようこそ!我々はあなたが Gogs を選んでくれて嬉しいです!楽しみましょう!
  116. [home]
  117. uname_holder=ユーザー名またはEメール
  118. password_holder=パスワード
  119. switch_dashboard_context=ダッシュ ボードのコンテキストを切替
  120. my_repos=私のリポジトリ
  121. collaborative_repos=共同リポジトリ
  122. my_orgs=私の組織
  123. my_mirrors=私のミラー
  124. view_home=ビュー %s
  125. issues.in_your_repos=あなたのリポジトリ
  126. [explore]
  127. repos=リポジトリ
  128. [auth]
  129. create_new_account=新規アカウントを作成
  130. register_hepler_msg=すでにアカウントをお持ちですか?今すぐログイン !
  131. social_register_hepler_msg=すでにアカウントをお持ちですか?今すぐバインド !
  132. disable_register_prompt=申し訳ありませんが、登録が無効になっています。サイト管理者に問い合わせてください。
  133. disable_register_mail=申し訳ありませんが、登録メールの確認機能が無効になっています。
  134. remember_me=ログイン状態を保持する
  135. forgot_password=パスワードを忘れた
  136. forget_password=パスワードを忘れた?
  137. sign_up_now=アカウントが必要ですか?今すぐサインアップ
  138. confirmation_mail_sent_prompt=新しい確認メールを <b>%s</b> に送りました。登録を完了させるために、%d時間以内にあなたのメールボックスを確認してください。
  139. active_your_account=アカウントをアクティブ
  140. resent_limit_prompt=申し訳ありませんが、アクティベーションメールは頻繁に送信しています。3 分お待ちください。
  141. has_unconfirmed_mail=こんにちは %s さん、あなたの電子メール アドレス (<b>%s</b>) は未確認です。もし確認メールをまだ確認できていないか、改めて再送信する場合は、下のボタンをクリックしてください。
  142. resend_mail=アクティベーションメールを再送信するにはここをクリック
  143. email_not_associate=この電子メール アドレスは、アカウントには関連付けられません。
  144. send_reset_mail=パスワードリセットのメールを再送するにはここをクリック
  145. reset_password=パスワードリセット
  146. invalid_code=申し訳ありませんが、確認用コードが期限切れまたは無効です。
  147. reset_password_helper=パスワードをリセットするにはここをクリック
  148. password_too_short=6文字未満のパスワードは設定できません。
  149. [mail]
  150. activate_account=あなたのアカウントを有効にしてください。
  151. activate_email=電子メール アドレスを確認します。
  152. reset_password=パスワードをリセットします.
  153. register_success=ようこそ、登録成功
  154. register_notify=Welcome on board
  155. [modal]
  156. yes=はい
  157. no=いいえ
  158. modify=変更
  159. [form]
  160. UserName=ユーザ名
  161. RepoName=リポジトリ名
  162. Email=Eメールアドレス
  163. Password=パスワード
  164. Retype=パスワードを再入力
  165. SSHTitle=SSH キーの名前
  166. HttpsUrl=HTTPS URL
  167. PayloadUrl=ペイロードの URL
  168. TeamName=チーム名
  169. AuthName=承認名
  170. AdminEmail=管理者の電子メール
  171. require_error=空にできません
  172. alpha_dash_error=アルファベット、数字、ハイフン"-"、アンダースコア"_"のいずれかの必要があります
  173. alpha_dash_dot_error=' アルファベット、数値、ダッシュ(-)、アンダースコア(_) 、ドット(.)のいずれかを入力する必要があります。 '
  174. size_error=`サイズは %s である必要があります`
  175. min_size_error=' 少なくとも %s 文字の必要があります '
  176. max_size_error=' %s 文字以下の必要があります '
  177. email_error=' は有効な電子メール アドレスではない '
  178. url_error=' は有効な URL はありません。 '
  179. include_error=' 文字列 '%s' を含める必要があります。 '
  180. unknown_error=不明なエラー:
  181. captcha_incorrect=Captcha が一致しませんでした。
  182. password_not_match=パスワードと確認用パスワードが一致同していません。
  183. username_been_taken=ユーザー名は既に使用されています。
  184. repo_name_been_taken=リポジトリ名は既に使用されています。
  185. org_name_been_taken=組織名は既に使用されています。
  186. team_name_been_taken=チーム名は既に使用されています。
  187. email_been_used=電子メール アドレスは既に使用されています。
  188. illegal_team_name=チーム名に無効な文字が含まれています。
  189. username_password_incorrect=ユーザー名またはパスワードが正しくありません。
  190. enterred_invalid_repo_name=入力したリポジトリの名前が正しいかどうかを確認してください。
  191. enterred_invalid_owner_name=入力された所有者名が正しいかどうかを確認してください。
  192. enterred_invalid_password=入力したパスワードが正しいかを確認してください。
  193. user_not_exist=指定されたユーザーは存在しません。
  194. last_org_owner=削除するユーザーはチームの最後のメンバーです。別の所有者設定が必要です。
  195. invalid_ssh_key=SSHを確認できません:%s
  196. unable_verify_ssh_key=GogsはあなたのSSH keyを確認できません。しかし、我々は有効とみなしますので、自分自身で確認してください。
  197. auth_failed=認証に失敗しました: %v
  198. still_own_repo=アカウント所有のリポジトリがあり、リポジトリの削除または所有者の移譲が必要です。
  199. still_has_org=アカウントはまだ組織のメンバーであり、組織から退出するか削除する必要があります。
  200. org_still_own_repo=この組織はまだリポジトリの所有しています、リポジトリを削除または転送する必要があります。
  201. still_own_user=この認証はまだ一部のユーザーによって使用されています。一部のユーザを移動させてから、もう一度削除してください。
  202. target_branch_not_exist=ターゲットブランチが存在しない
  203. [user]
  204. change_avatar=gravatar.com で自分のアバターを変更
  205. change_custom_avatar=設定で自分のアバターを変更
  206. join_on=参加しました
  207. repositories=リポジトリ
  208. activity=パブリック・アクティビティ
  209. followers=フォロワー
  210. starred=スター
  211. following=フォロー
  212. form.name_reserved=ユーザー名 '%s' は予約されています。
  213. form.name_pattern_not_allowed=ユーザ名のパターン '%s' は許可されていません。
  214. [settings]
  215. profile=プロフィール
  216. password=パスワード
  217. ssh_keys=SSH キー
  218. social=SNSアカウント
  219. applications=アプリケーション
  220. orgs=組織
  221. delete=アカウントを削除
  222. uid=Uid
  223. public_profile=パブリック プロフィール
  224. profile_desc=あなたのメールアドレスは公開され、任意のアカウント関連の通知に使用されます。また、Webベースの操作はサイトを介して行います。
  225. password_username_disabled=Non-local type users are not allowed to change their username.
  226. full_name=フルネーム
  227. website=WEBサイト
  228. location=ロケーション
  229. update_profile=プロファイル更新
  230. update_profile_success=あなたのプロフィールが更新されました。
  231. change_username=ユーザー名が変更されました
  232. change_username_prompt=この変更はリンクをアカウントに関連付ける方法に影響します。
  233. continue=続行
  234. cancel=キャンセル
  235. enable_custom_avatar=カスタムのアバターを有効にする
  236. enable_custom_avatar_helper=Gravatarからのフェッチを無効にするのを、有効にします
  237. choose_new_avatar=新しいアバターを選択
  238. update_avatar=アバターの設定を更新
  239. uploaded_avatar_not_a_image=アップロードされたファイルは画像ではない。
  240. no_custom_avatar_available=利用可能なカスタム アバターがないため、有効にできません。
  241. update_avatar_success=あなたのアバターの設定が更新されました。
  242. change_password=パスワードを変更
  243. old_password=現在のパスワード
  244. new_password=新しいパスワード
  245. retype_new_password=新しいパスワードを再入力します。
  246. password_incorrect=現在のパスワードが正しくありません。
  247. change_password_success=パスワードが正常に変更されました。今すぐ新しいパスワード経由でサインインすることができます。
  248. password_change_disabled=Non-local type users are not allowed to change their password.
  249. emails=E-mail アドレス
  250. manage_emails=E-mail アドレスを管理
  251. email_desc=あなたのプライマリメールアドレスは、通知やその他の操作に使用されます。
  252. primary=プライマリー
  253. primary_email=プライマリに設定
  254. delete_email=削除
  255. email_deletion=電子メールの削除
  256. email_deletion_desc=この電子メール アドレスを削除すると、あなたのアカウントの関連情報も削除されます。続行しますか。
  257. email_deletion_success=電子メールが正常に削除されました。
  258. add_new_email=新しいe-mailアドレスを追加
  259. add_email=電子メールを追加します。
  260. add_email_confirmation_sent='%s' に新しい確認メールを送信しました、次の %d 時間以内に受信トレイを確認し、確認プロセスを完了してください。
  261. add_email_success=新しいe-mail アドレスが追加されました。
  262. manage_ssh_keys=SSH キーを管理
  263. add_key=キーを追加
  264. ssh_desc=これはあなたのアカウントに関連付けられている SSH キーの一覧です。あなたが認識していないキーを削除します。
  265. ssh_helper=<strong>ヘルプが必要ですか?</strong> 我々のガイドをご覧ください。 <a href="%s"> SSH キーを生成</a> <a href="%s"> SSH の一般的な問題</a>
  266. add_new_key=SSH キーを追加
  267. ssh_key_been_used=公開鍵は使用されています。
  268. ssh_key_name_used=同じ名前の公開鍵は既に存在しています。
  269. key_name=キーの名前
  270. key_content=コンテンツ
  271. add_key_success=新しいSSHキー '%s' が正常に追加されました!
  272. delete_key=削除
  273. ssh_key_deletion=SSH キーの削除
  274. ssh_key_deletion_desc=このSSHキーを削除すると、あなたのアカウントに関連するすべてのアクセスが削除されます。続行しますか?
  275. ssh_key_deletion_success=SSH キーは正常に削除されました!
  276. add_on=追加された
  277. last_used=最終使用日
  278. no_activity=最近の活動なし
  279. key_state_desc=この鍵は7日間以内に使われています。
  280. token_state_desc=この鍵は7日間以内に使われています。
  281. manage_social=関連付けられているSNSアカウントを管理
  282. social_desc=これは関連付けられたソーシャルアカウントのリストです。あなたが認識していない結び付けを削除します。
  283. unbind=バインド解除
  284. unbind_success=SNSアカウントがバインドされていない。
  285. manage_access_token=個人のアクセス トークンを管理
  286. generate_new_token=新しいトークンを生成
  287. tokens_desc=生成したトークンを利用して Gogs の API にアクセスすることができます。
  288. new_token_desc=今のところ、全てのトークンはあなたのアカウントにフルアクセスできます。
  289. token_name=トークン名
  290. generate_token=トークンを生成
  291. generate_token_succees=新しいアクセス トークンは正常に生成されました !今すぐあなたの新しいアクセス トークンをコピーしておいてください。二度と見ることはできませんので確認してください!
  292. delete_token=削除
  293. access_token_deletion=パーソナルアクセストークンの削除
  294. access_token_deletion_desc=パーソナルアクセストークンを削除すると、関連するアプリケーションのすべてのアクセスが削除されます。続行しますか?
  295. delete_token_success=パーソナルアクセストークンは正常に削除されました!同時にあなたのアプリケーションを更新することを忘れないでください。
  296. delete_account=アカウントを削除
  297. delete_prompt=この操作はあなたのアカウントを完全に削除し、復旧<strong>できない</strong> !
  298. confirm_delete_account=削除の確認
  299. delete_account_title=アカウントの削除
  300. delete_account_desc=このアカウントは永久に削除しようとしている、継続しますか?
  301. [repo]
  302. owner=オーナー
  303. repo_name=リポジトリ名
  304. repo_name_helper=偉大なリポジトリ名は短い。思い出に残り、そして<strong>一意</strong>だ。
  305. visibility=ビジビリティ
  306. visiblity_helper=このリポジトリは<span class="ui red text">プライベート</span>です。
  307. visiblity_helper_forced=サイト管理者は、強制的にすべての新しいリポジトリを<span class="ui red text"> プライベート</span> にしています。
  308. visiblity_fork_helper=(この値の変更はすべてのフォークに適用されます)
  309. clone_helper=クローニングのヘルプが必要ですか?<a target="_blank"href="%s"> ヘルプ</a> を参照してください!
  310. fork_repo=フォークのリポジトリ
  311. fork_from=フォーク元
  312. fork_visiblity_helper=フォークされたリポジトリは可視状態を変更できません
  313. repo_desc=説明
  314. repo_lang=言語
  315. repo_lang_helper=.gitignoreファイルを選択
  316. license=ライセンス
  317. license_helper=ライセンス ファイルを選択
  318. readme=Readme
  319. readme_helper=Readme ファイルのテンプレートを選択
  320. auto_init=選択されたファイルおよびテンプレートでリポジトリを初期化
  321. create_repo=リポジトリを作成
  322. default_branch=デフォルトのブランチ
  323. mirror_interval=ミラー 間隔(時)
  324. mirror_address=Mirror Address
  325. mirror_address_desc=Please include necessary user credentials in the address.
  326. watchers=ウォッチャー
  327. stargazers=Stargazers
  328. forks=フォーク
  329. form.reach_limit_of_creation=The owner has reached maximum creation limit of %d repositories.
  330. form.name_reserved=リポジトリ名 '%s' は予約されています。
  331. form.name_pattern_not_allowed=リポジトリ名のパターン '%s' は許可されていません。
  332. need_auth=認証が必要
  333. migrate_type=マイグレーションの種類
  334. migrate_type_helper=このリポジトリは、<span class="text blue"> ミラー</span> になります
  335. migrate_repo=リポジトリを移行
  336. migrate.clone_address=クローンアドレス
  337. migrate.clone_address_desc=これは、HTTP/HTTPS/GIT URL またはローカル サーバー パスを設定できます。
  338. migrate.permission_denied=ローカル リポジトリをインポートすることはできません。
  339. migrate.invalid_local_path=ローカルパスが無効です。存在しないかディレクトリではありません。
  340. migrate.failed=移行に失敗しました: %v
  341. mirror_from=mirror from
  342. forked_from=フォーク元
  343. fork_from_self=すでにあなたの所有しているリポジトリはフォークできません
  344. copy_link=コピー
  345. copy_link_success=コピーされました!
  346. copy_link_error=⌘ C または Ctrl-C キーを押してコピー
  347. copied=コピー成功
  348. unwatch=Unwatch
  349. watch=Watch
  350. unstar=Unstar
  351. star=Star
  352. fork=Fork
  353. no_desc=説明なし
  354. quick_guide=クイック ガイド
  355. clone_this_repo=このリポジトリのクローンを作成
  356. create_new_repo_command=コマンドラインで新しいリポジトリを作成します。
  357. push_exist_repo=コマンド ・ ラインから既存のリポジトリをプッシュ
  358. repo_is_empty=このリポジトリは空です、後で戻って来て下さい!
  359. code=コード
  360. branch=ブランチ
  361. tree=ツリー
  362. filter_branch_and_tag=ブランチまたはタグをフィルタリング
  363. branches=ブランチ
  364. tags=タグ
  365. issues=課題
  366. pulls=プルリクエスト
  367. labels=ラベル
  368. milestones=マイルストーン
  369. commits=コミット
  370. releases=リリース
  371. file_raw=生データ
  372. file_history=履歴
  373. file_view_raw=生データを見る
  374. file_permalink=パーマリンク
  375. commits.commits=コミット
  376. commits.search=コミットの検索
  377. commits.find=検索
  378. commits.author=作者
  379. commits.message=メッセージ
  380. commits.date=日付
  381. commits.older=古い
  382. commits.newer=新しい
  383. issues.new=新しい問題
  384. issues.new.labels=ラベル
  385. issues.new.no_label=ラベルなし
  386. issues.new.clear_labels=ラベルをクリア
  387. issues.new.milestone=マイルストーン
  388. issues.new.no_milestone=マイルストーンなし
  389. issues.new.clear_milestone=マイルストーンをクリア
  390. issues.new.open_milestone=オープン中のマイルストーン
  391. issues.new.closed_milestone=クローズされたマイルストーン
  392. issues.new.assignee=担当者
  393. issues.new.clear_assignee=担当者をクリア
  394. issues.new.no_assignee=担当者なし
  395. issues.create=問題を作成
  396. issues.new_label=新しいラベル
  397. issues.new_label_placeholder=ラベル名...
  398. issues.create_label=ラベルを作成
  399. issues.open_tab=%d オープン
  400. issues.close_tab=%d クローズ
  401. issues.filter_label=ラベル
  402. issues.filter_label_no_select=選択したラベルがありません。
  403. issues.filter_milestone=マイルストーン
  404. issues.filter_milestone_no_select=選択されたマイルストーンなし
  405. issues.filter_assignee=アサインされた人
  406. issues.filter_assginee_no_select=選択可能な担当者がいない
  407. issues.filter_type=タイプ
  408. issues.filter_type.all_issues=すべての問題
  409. issues.filter_type.assigned_to_you=あなたに割り当てられました。
  410. issues.filter_type.created_by_you=あなたが作成しました。
  411. issues.filter_type.mentioning_you=あなたに伝える
  412. issues.filter_sort=並べ替え
  413. issues.filter_sort.latest=最新
  414. issues.filter_sort.oldest=最も古い
  415. issues.filter_sort.recentupdate=最近更新された
  416. issues.filter_sort.leastupdate=Least recently updated
  417. issues.filter_sort.mostcomment=一番多いコメント
  418. issues.filter_sort.leastcomment=一番少ないコメント
  419. issues.opened_by=opened %[1]s by <a href="%[2]s">%[3]s</a>
  420. issues.opened_by_fake=opened %[1]s by %[2]s
  421. issues.previous=前ページ
  422. issues.next=次ページ
  423. issues.open_title=オープン
  424. issues.closed_title=クローズ
  425. issues.num_comments=%d コメント
  426. issues.commented_at=`コメント <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  427. issues.no_content=まだコンテンツがありません
  428. issues.close_issue=閉じる
  429. issues.close_comment_issue=コメントと閉じる
  430. issues.reopen_issue=Reopen
  431. issues.reopen_comment_issue=コメントと再開
  432. issues.create_comment=コメント 
  433. issues.closed_at=`closed <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  434. issues.reopened_at=`reopened <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  435. issues.commit_ref_at=`referenced this issue from a commit <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
  436. issues.poster=ポスター
  437. issues.admin=アドミン
  438. issues.owner=オーナー
  439. issues.sign_up_for_free=無料でサインアップ
  440. issues.sign_in_require_desc=to join this conversation. Already have an account? <a href="%s">Sign in to comment</a>
  441. issues.edit=編集
  442. issues.cancel=キャンセル
  443. issues.save=保存
  444. issues.label_title=ラベル名
  445. issues.label_color=ラベルの色
  446. issues.label_count=%d ラベル
  447. issues.label_open_issues=%d 未解決の問題
  448. issues.label_edit=編集
  449. issues.label_delete=削除
  450. issues.label_modify=ラベルの変更
  451. issues.label_deletion=ラベルの削除
  452. issues.label_deletion_desc=ラベルを削除すると、関連するすべての問題の情報が削除されます。続行しますか。
  453. issues.label_deletion_success=ラベルは正常に削除されました。
  454. pulls.new=新しいプルリクエスト
  455. pulls.compare_changes=変更を比較
  456. pulls.compare_changes_desc=2つのブランチを比較し、プルリクエストを作成します。
  457. pulls.compare_base=ベース
  458. pulls.compare_compare=比較
  459. pulls.filter_branch=フィルターブランチ
  460. pulls.no_results=結果が見つかりませんでした。
  461. pulls.nothing_to_compare=There is nothing to compare because base and head branches are even.
  462. pulls.has_pull_request=`There is already a pull request between these two targets: <a href="%[1]s/pulls/%[3]d">%[2]s#%[3]d</a>`
  463. pulls.create=プルリクエストを作成します。
  464. pulls.title_desc=wants to merge %[1]d commits from <code>%[2]s</code> into <code>%[3]s</code>
  465. pulls.merged_title_desc=merged %[1]d commits from <code>%[2]s</code> into <code>%[3]s</code> %[4]s
  466. pulls.tab_conversation=会話
  467. pulls.tab_commits=コミット
  468. pulls.tab_files=ファイルが変更された
  469. pulls.reopen_to_merge=Please reopen this pull request to perform merge operation.
  470. pulls.merged=マージされた
  471. pulls.has_merged=このプルプルリクエストは正常にマージされました!
  472. pulls.data_broken=Data of this pull request has been broken due to deletion of fork information.
  473. pulls.is_checking=The conflict checking is still in progress, please refresh page in few moments.
  474. pulls.can_auto_merge_desc=This pull request can be merged automatically.
  475. pulls.cannot_auto_merge_desc=This pull request can't be merged automatically because there are conflicts.
  476. pulls.cannot_auto_merge_helper=Please merge manually in order to resolve the conflicts.
  477. pulls.merge_pull_request=プルリクエストをマージします。
  478. pulls.open_unmerged_pull_exists=`You can't perform reopen operation because there is already an open pull request (#%d) from same repository with same merge information and is waiting for merging.`
  479. milestones.new=新しいマイルストーン
  480. milestones.open_tab=%d オープン
  481. milestones.close_tab=%d クローズ
  482. milestones.closed=%s を閉じました
  483. milestones.no_due_date=期限なし
  484. milestones.open=開く
  485. milestones.close=閉じる
  486. milestones.new_subheader=あなたの課題を整理するためマイルス トーンを作成します。
  487. milestones.create=マイルス トーンを作成
  488. milestones.title=タイトル
  489. milestones.desc=説明
  490. milestones.due_date=期日 (オプション)
  491. milestones.clear=消去
  492. milestones.invalid_due_date_format=期限日付のフォーマットが無効、'yyyy-mm-dd' のフォーマットが必要です。
  493. milestones.create_success=マイルス トーン '%s' が正常に作成されました!
  494. milestones.edit=マイルス トーンを編集
  495. milestones.edit_subheader=人々を混乱させないため、マイルス トーンにより良い説明を使用します。
  496. milestones.cancel=キャンセル
  497. milestones.modify=マイルス トーンを変更します。
  498. milestones.edit_success=マイルス トーン '%s' の変更が正常に保存されました。
  499. milestones.deletion=マイルス トーンの削除
  500. milestones.deletion_desc=このマイルス トーンを削除すると、関連課題に該当情報が削除されます。続行しますか。
  501. milestones.deletion_success=マイルス トーンは正常に削除されました。
  502. wiki=Wiki
  503. wiki.welcome=Wiki へようこそ!
  504. wiki.welcome_desc=Wiki is the place where you would like to document your project together and make it better.
  505. wiki.create_first_page=最初のページを作成する。
  506. wiki.page=ページ
  507. wiki.filter_page=フィルターページ
  508. wiki.new_page=新しいページを作成
  509. wiki.default_commit_message=このアップデートについてメモを書く(オプション)
  510. wiki.save_page=ページを保存
  511. wiki.last_commit_info=%s このページを編集 %s
  512. wiki.edit_page_button=編集
  513. wiki.new_page_button=新規ページ
  514. wiki.page_already_exists=既に同じ名前のWiki ページが存在します。
  515. wiki.pages=ページ
  516. wiki.last_updated=最終更新 %s
  517. settings=設定
  518. settings.options=オプション
  519. settings.collaboration=コラボレーション
  520. settings.hooks=Webhooks
  521. settings.githooks=Git のフック
  522. settings.basic_settings=基本設定
  523. settings.site=公式サイト
  524. settings.update_settings=設定の更新
  525. settings.change_reponame_prompt=この変更はリンクがリポジトリに関連付ける方法に影響します。
  526. settings.advanced_settings=拡張設定
  527. settings.wiki_desc=Enable wiki to allow people write documents
  528. settings.use_external_wiki=Use external wiki
  529. settings.external_wiki_url=External Wiki URL
  530. settings.external_wiki_url_desc=Visitors will be redirected to URL when they click on the tab.
  531. settings.issues_desc=Enable builtin lightweight issue tracker
  532. settings.use_external_issue_tracker=外部課題トラッキングシステムを使用
  533. settings.tracker_url_format=外部課題トラッキングツール URLのフォーマット
  534. settings.tracker_url_format_desc=You can use placeholder <code>{user} {repo} {index}</code> for user name, repository name and issue index.
  535. settings.pulls_desc=Enable pull requests to accept public contributions
  536. settings.danger_zone=危険地帯
  537. settings.transfer=オーナー移転
  538. settings.transfer_desc=リポジトリをあなたが管理者権限を持っている別のユーザーまた組織に移譲します。
  539. settings.new_owner_has_same_repo=新しいオーナーは、既に同じ名前のリポジトリを持っています。
  540. settings.delete=このリポジトリを削除
  541. settings.delete_desc=リポジトリを削除すると元に戻せません。確実に確認してください。
  542. settings.transfer_notices_1=-新しい所有者が個人ユーザーの場合、あなたがアクセスできなくなります。
  543. settings.transfer_notices_2=- You will conserve access if new owner is an organization and if you're one of the owners.
  544. settings.transfer_form_title=操作を確認するために、以下の情報を入力してください。
  545. settings.delete_notices_1=-この操作は<strong>元に戻せません</strong> 。
  546. settings.delete_notices_2=- This operation will permanently delete the everything of this repository, including Git data, issues, comments and accesses of collaborators.
  547. settings.delete_notices_fork_1=- If this repository is public, all forks will be became independent after deletion.
  548. settings.delete_notices_fork_2=- If this repository is private, all forks will be removed at the same time.
  549. settings.delete_notices_fork_3=- If you want to keep all forks after deletion, please change visibility of this repository to public first.
  550. settings.deletion_success=Repository has been deleted successfully!
  551. settings.update_settings_success=リポジトリ オプションが更新されました。
  552. settings.transfer_owner=新しいオーナー
  553. settings.make_transfer=転送
  554. settings.transfer_succeed=リポジトリの所有権は正常に転送されました。
  555. settings.confirm_delete=削除の確認
  556. settings.add_collaborator=新しい共同編集者を追加
  557. settings.add_collaborator_success=新しい共同編集者が追加されました。
  558. settings.remove_collaborator_success=共同編集者が削除されました。
  559. settings.search_user_placeholder=Search users
  560. settings.user_is_org_member=ユーザーは組織の一員なので、共同編集者として追加することはできません。
  561. settings.add_webhook=Webhook を追加
  562. settings.hooks_desc=Webhooksは、Gogsで特定のイベントの発生時に指定された外部サービスに通知を許可します。イベントが発生すると、それぞれ指定されたUrlに、POSTリクエストが送られます。詳細はこちらのの <a target="_blank"href="%s"> Webhooks ガイド</a>をご覧ください。
  563. settings.webhook_deletion=Webhook を削除
  564. settings.webhook_deletion_desc=このwebhookを削除すると、すべての情報と配信履歴が削除されます。続行しますか?
  565. settings.webhook_deletion_success=Webhook が正常に削除されました。
  566. settings.webhook.test_delivery=Test Delivery
  567. settings.webhook.test_delivery_desc=Send a fake push event delivery to test your webhook settings
  568. settings.webhook.test_delivery_success=Test webhook has been added to delivery queue. It may taks few seconds before it shows up in the delivery history.
  569. settings.webhook.request=リクエスト
  570. settings.webhook.response=レスポンス
  571. settings.webhook.headers=ヘッダ
  572. settings.webhook.payload=ペイロード
  573. settings.webhook.body=ボディ
  574. settings.githooks_desc=Git のフックは Git 自体によって提供されています。以下のリストのファイルを編集して、サポートされているフックのカスタム操作を適用することができます。
  575. settings.githook_edit_desc=もしフックがアクティブではない場合は、サンプルコンテンツが表示されます。コンテンツを空白にするにはこのフックを無効にします。
  576. settings.githook_name=フックの名前
  577. settings.githook_content=コンテンツをフック
  578. settings.update_githook=フックを更新
  579. settings.add_webhook_desc=私たちは、指定されたURLに購読されたイベントの詳細を <code>POST</code>リクエストとして送信します。あなたは、異なるデータ受信モード(JSONまたは, <code>x-www-form-urlencoded</code>, <em>その他</em>) を設定することができます。詳細については、<a target="_blank" href="%s">Webhookガイド</a>を参照してください。
  580. settings.payload_url=ペイロードの URL
  581. settings.content_type=コンテンツ タイプ
  582. settings.secret=秘密
  583. settings.slack_username=ユーザ名
  584. settings.slack_icon_url=アイコン URL
  585. settings.slack_color=カラー
  586. settings.event_desc=どのイベントをこのWEBフックのトリガーにしますか?
  587. settings.event_push_only=<code>push</code> イベントのみ
  588. settings.event_send_everything=<strong>すべて</strong> が必要です。
  589. settings.event_choose=必要なものを選択しましょう。
  590. settings.event_create=Create
  591. settings.event_create_desc=ブランチ、またはタグを作成
  592. settings.event_push=プッシュ
  593. settings.event_push_desc=Git リポジトリにプッシュ
  594. settings.active=アクティブ
  595. settings.active_helper=このフックのトリガーが引かれた時に、イベントの詳細を配信します。
  596. settings.add_hook_success=新しい webhook が追加されました。
  597. settings.update_webhook=Webhookを更新
  598. settings.update_hook_success=Webhook を更新しました。
  599. settings.delete_webhook=Webhook を削除
  600. settings.recent_deliveries=最近のデリバリー
  601. settings.hook_type=フックタイプ
  602. settings.add_slack_hook_desc=<a href="%s"> Slack</a> インテグレーションをリポジトリに追加します。
  603. settings.slack_token=トークン
  604. settings.slack_domain=ドメイン
  605. settings.slack_channel=チャンネル
  606. settings.deploy_keys=デプロイキー
  607. settings.add_deploy_key=デプロイキーを追加
  608. settings.deploy_key_desc=個人アカウントのSSHキーとは異なり、デプロイキーは読み取り専用アクセスとなります。
  609. settings.no_deploy_keys=でプロキーは1つも追加されていません。
  610. settings.title=タイトル
  611. settings.deploy_key_content=コンテント
  612. settings.key_been_used=デプロイキーが使用されています。
  613. settings.key_name_used=同じ名前のデプロイキーが既に存在しています。
  614. settings.add_key_success=新しいデプロイキー '%s'が正常に追加されました!
  615. settings.deploy_key_deletion=デプロイキーを削除
  616. settings.deploy_key_deletion_desc=このデプロイキーを削除すると、このリポジトリに関連するすべてのアクセス権も削除されます。続行しますか。
  617. settings.deploy_key_deletion_success=デプロイキーが正常に削除された!
  618. diff.browse_source=ソースを参照
  619. diff.parent=親
  620. diff.commit=コミット
  621. diff.data_not_available=差分データは利用できません。
  622. diff.show_diff_stats=差分情報を表示
  623. diff.stats_desc=共有<strong>%d 個のファイルを変更した</strong>、<strong>%d 個の追加</strong> と <strong>%d 個の削除</strong>を含む
  624. diff.bin=BIN
  625. diff.view_file=ファイルの表示
  626. release.releases=リリース
  627. release.new_release=新しいリリース
  628. release.draft=ドラフト
  629. release.prerelease=プレリリース
  630. release.stable=安定
  631. release.edit=編集
  632. release.ahead=このリリース以降 %s へ <strong>%d</strong> コミット
  633. release.source_code=ソース コード
  634. release.new_subheader=Publish releases to iterate product.
  635. release.edit_subheader=詳細な変更ログは、ユーザーに何が改善されたかの理解を助けることができます。
  636. release.tag_name=タグ名
  637. release.target=ターゲット
  638. release.tag_helper=既存のタグを選択するか、新しいタグを作成し発行します。
  639. release.title=タイトル
  640. release.content=コンテント
  641. release.write=書込み
  642. release.preview=プレビュー
  643. release.loading=読み込み中…
  644. release.prerelease_desc=これはリリース前のものです
  645. release.prerelease_helper=このリリースは非プロダクション利用として識別します。
  646. release.cancel=キャンセル
  647. release.publish=リリースを発行
  648. release.save_draft=下書きを保存
  649. release.edit_release=リリースを編集
  650. release.delete_release=このリリースを削除
  651. release.deletion=リリースの削除
  652. release.deletion_desc=Deleting this release will delete the corresponding Git tag. Do you want to continue?
  653. release.deletion_success=リリースが正常に削除されました。
  654. release.tag_name_already_exist=このタグ名には既にリリースが存在します。
  655. release.downloads=Downloads
  656. [org]
  657. org_name_holder=組織名
  658. org_full_name_holder=組織のフルネーム
  659. org_name_helper=偉大な組織の名は短く覚えやすいです。
  660. create_org=組織を作成
  661. repo_updated=更新した
  662. people=人々
  663. invite_someone=誰かを招待
  664. teams=チーム
  665. lower_members=メンバー
  666. lower_repositories=リポジトリ
  667. create_new_team=新しいチームを作成
  668. org_desc=説明
  669. team_name=チーム名
  670. team_desc=説明
  671. team_name_helper=会話の時、この名前を使用しチーム名を表明します。
  672. team_desc_helper=このチームに関する全ての情報は?
  673. team_permission_desc=このチームに必要な権限レベルは?
  674. form.name_reserved=組織名 '%s' は予約されています。
  675. form.name_pattern_not_allowed=組織名のパターン '%s' は許可されていません。
  676. settings=設定
  677. settings.options=オプション
  678. settings.full_name=フルネーム
  679. settings.website=WEBサイト
  680. settings.location=ロケーション
  681. settings.update_settings=設定の更新
  682. settings.update_setting_success=組織の設定が更新されました。
  683. settings.change_orgname_prompt=This change will affect how links relate to the organization.
  684. settings.update_avatar_success=組織のアバター画像が正常に更新されました。
  685. settings.delete=組織を削除
  686. settings.delete_account=この組織を削除
  687. settings.delete_prompt=操作はこの組織を完全に削除し、復旧<strong>できない</strong>!
  688. settings.confirm_delete_account=削除の確認
  689. settings.delete_org_title=組織の削除
  690. settings.delete_org_desc=この組織は完全に削除されます、継続しますか?
  691. settings.hooks_desc=この組織のもとで <strong>すべてのリポジトリ</strong> に対してトリガーされる webhook を追加します。
  692. members.membership_visibility=Membership Visibility:
  693. members.public=パブリック
  694. members.public_helper=プライベートにする
  695. members.private=プライベート
  696. members.private_helper=公開する
  697. members.member_role=メンバーの役割:
  698. members.owner=オーナー
  699. members.member=メンバー
  700. members.remove=削除
  701. members.leave=退出
  702. members.invite_desc=%s に新しいメンバーを追加
  703. members.invite_now=今すぐ招待
  704. teams.join=参加
  705. teams.leave=退出
  706. teams.read_access=読み取りアクセス権
  707. teams.read_access_helper=このチームはリポジトリの閲覧とクローンをすることができます。
  708. teams.write_access=書き込みアクセス権
  709. teams.write_access_helper=このチームはリポジトリを読むだけではなく、プッシュすることもできます。
  710. teams.admin_access=管理者のアクセス権
  711. teams.admin_access_helper=このチームはリポジトリにプッシュ/プル、及び他の共同編集者を追加することができます。
  712. teams.no_desc=このチームは説明がありません。
  713. teams.settings=設定
  714. teams.owners_permission_desc=オーナーは<strong>すべてのリポジトリ</strong> へのフルアクセス権、組織の <strong>管理権限</strong>を持ちます。
  715. teams.members=チーム メンバー
  716. teams.update_settings=設定の更新
  717. teams.delete_team=このチームを削除
  718. teams.add_team_member=チーム メンバーを追加
  719. teams.delete_team_title=チームの削除
  720. teams.delete_team_desc=このチームを削除します、継続しますか?このチームのメンバーはいくつかのリポジトリへのアクセスを失う可能性があります。
  721. teams.delete_team_success=指定のチームが正常に削除されました。
  722. teams.read_permission_desc=このチームは<strong>読み取り</strong>権限を持ち: メンバーはリポジトリの表示及びクローンの作成ができます。
  723. teams.write_permission_desc=このチームは<strong>書き込み</strong>権限を持ち: メンバーはリポジトリの表示及リポジトリへのプッシュができます。
  724. teams.admin_permission_desc=このチームは<strong>管理者</strong>の権限を持ち: メンバーはチームのリポジトリに対して、読み取り、プッシュや共同編集者の追加ができます。
  725. teams.repositories=チームのリポジトリ
  726. teams.search_repo_placeholder=リポジトリを検索
  727. teams.add_team_repository=チームのリポジトリを追加
  728. teams.remove_repo=削除(Remove)
  729. teams.add_nonexistent_repo=追加しようとしているリポジトリは存在しません。まずはじめに作成してください。
  730. [admin]
  731. dashboard=ダッシュボード
  732. users=ユーザ
  733. organizations=組織
  734. repositories=リポジトリ
  735. authentication=認証
  736. config=コンフィギュレーション
  737. notices=システム通知
  738. monitor=モニタリング
  739. first_page=First
  740. last_page=Last
  741. total=合計: %d
  742. dashboard.statistic=統計
  743. dashboard.operations=操作
  744. dashboard.system_status=システム モニターのステータス
  745. dashboard.statistic_info=Gogs データベースは <b>%d</b> ユーザ, <b>%d</b> 組織, <b>%d</b> 公開鍵, <b>%d</b> リポジトリ, <b>%d</b> ウォッチ, <b>%d</b> スター, <b>%d</b> 行動, <b>%d</b> アクセス, <b>%d</b> 問題, <b>%d</b> コメント, <b>%d</b> ソーシャルアカウント, <b>%d</b> フォロー, <b>%d</b> ミラー, <b>%d</b> リリース, <b>%d</b> ログイン元, <b>%d</b> webhook, <b>%d</b> マイルストーン, <b>%d</b> ラベル, <b>%d</b> フックタスク, <b>%d</b> チーム, <b>%d</b> アップデートタスク, <b>%d</b> 添付ファイル の情報を持っています。
  746. dashboard.operation_name=操作の名前
  747. dashboard.operation_switch=スイッチ
  748. dashboard.operation_run=実行
  749. dashboard.clean_unbind_oauth=結び付けられていない OAuth をクリーン
  750. dashboard.clean_unbind_oauth_success=結び付けられていない全ての OAuth を正常に削除しました。
  751. dashboard.delete_inactivate_accounts=非アクティブのアカウントをすべて削除
  752. dashboard.delete_inactivate_accounts_success=すべての非アクティブアカウントは正常に削除されました。
  753. dashboard.delete_repo_archives=リポジトリのすべてのアーカイブを削除
  754. dashboard.delete_repo_archives_success=リポジトリのすべてのアーカイブが正常に削除されました。
  755. dashboard.delete_missing_repos=Gitファイルが失われたリポジトリのすべてのレコードを削除
  756. dashboard.delete_missing_repos_success=All repository records that lost Git files have been deleted successfully.
  757. dashboard.git_gc_repos=リポジトリでのガベージコレクションを実行します。
  758. dashboard.git_gc_repos_success=すべてのリポジトリは正常にガベージ コレクションを行いました。
  759. dashboard.resync_all_sshkeys='.ssh/ authorized_keys' ファイルを再生成します。(警告:Gogsキー以外は失われます)
  760. dashboard.resync_all_sshkeys_success=すべての公開鍵が正常に書き換えられました。
  761. dashboard.resync_all_update_hooks=リポジトリの update フックをすべて再更新する(カスタムの設定パスが変更されたときに必要)
  762. dashboard.resync_all_update_hooks_success=リポジトリの update フックがすべて正常に再更新されました。
  763. dashboard.server_uptime=サーバーの稼働時間
  764. dashboard.current_goroutine=現在のGoroutine
  765. dashboard.current_memory_usage=現在のメモリ使用量
  766. dashboard.total_memory_allocated=割り当てられたメモリの合計
  767. dashboard.memory_obtained=配分されたメモリ量
  768. dashboard.pointer_lookup_times=ポインタ参照回数
  769. dashboard.memory_allocate_times=メモリ割当回数
  770. dashboard.memory_free_times=メモリ解放回数
  771. dashboard.current_heap_usage=現在のヒープ使用量
  772. dashboard.heap_memory_obtained=配分されたヒープ メモリ量
  773. dashboard.heap_memory_idle=アイドルのヒープ メモリ量
  774. dashboard.heap_memory_in_use=使用中のヒープ メモリ
  775. dashboard.heap_memory_released=ヒープ メモリが解放されました
  776. dashboard.heap_objects=ヒープ オブジェクト
  777. dashboard.bootstrap_stack_usage=ブートストラップスタック使用量
  778. dashboard.stack_memory_obtained=配分されたスタック メモリ量
  779. dashboard.mspan_structures_usage=MSpan 構造体の使用量
  780. dashboard.mspan_structures_obtained=配分されたMSpan 構造体
  781. dashboard.mcache_structures_usage=MCache 構造体の使用量
  782. dashboard.mcache_structures_obtained=分配されたMCache 構造体
  783. dashboard.profiling_bucket_hash_table_obtained=ハッシュテーブル分析に割り当てられたメモリ
  784. dashboard.gc_metadata_obtained=GCメタデータ取得
  785. dashboard.other_system_allocation_obtained=他のシステムに割り当てられたメモリ
  786. dashboard.next_gc_recycle=次回のGCリサイクル
  787. dashboard.last_gc_time=前回GCからの時間
  788. dashboard.total_gc_time=GC一時停止の合計
  789. dashboard.total_gc_pause=GC一時停止の合計
  790. dashboard.last_gc_pause=直近のGC一時停止
  791. dashboard.gc_times=GC実行回数
  792. users.user_manage_panel=ユーザー管理パネル
  793. users.new_account=新規アカウントを作成
  794. users.name=名前
  795. users.activated=アクティブ化
  796. users.admin=アドミン
  797. users.repos=リポジトリ
  798. users.created=作成されました
  799. users.send_register_notify=登録通知をユーザーに送信
  800. users.new_success=新規アカウント '%s' が正常に作成されました。
  801. users.edit=編集
  802. users.auth_source=認証ソース
  803. users.local=ローカル
  804. users.auth_login_name=認証ログイン名
  805. users.password_helper=それをそのまま空のままにします。
  806. users.update_profile_success=アカウントのプロファイルが更新されました。
  807. users.edit_account=アカウントの編集
  808. users.max_repo_creation=Maximum Repository Creation Limit
  809. users.max_repo_creation_desc=(Set -1 to use global default limit)
  810. users.is_activated=アカウントがアクティブされました
  811. users.is_admin=このアカウントには管理者の権限を持つ
  812. users.allow_git_hook=このアカウントには Git のフックを作成する権限を持つ
  813. users.allow_import_local=This account has permissions to import local repositories
  814. users.update_profile=アカウント ・ プロファイルを更新
  815. users.delete_account=このアカウントを削除
  816. users.still_own_repo=アカウント所有のリポジトリがあり、リポジトリの削除または所有者の移譲が必要です。
  817. users.still_has_org=アカウントはまだ組織のメンバーであり、組織から退出するか削除する必要があります。
  818. users.deletion_success=アカウントが正常に削除されました。
  819. orgs.org_manage_panel=組織の管理パネル
  820. orgs.name=名前
  821. orgs.teams=チーム
  822. orgs.members=メンバー
  823. repos.repo_manage_panel=リポジトリの管理パネル
  824. repos.owner=オーナー
  825. repos.name=名前
  826. repos.private=プライベート
  827. repos.watches=Watches
  828. repos.stars=Stars
  829. repos.issues=課題
  830. auths.auth_manage_panel=認証管理パネル
  831. auths.new=新しいソースを追加
  832. auths.name=名前
  833. auths.type=タイプ
  834. auths.enabled=Enabled
  835. auths.updated=Updated
  836. auths.auth_type=認証タイプ
  837. auths.auth_name=認証名
  838. auths.domain=ドメイン
  839. auths.host=ホスト
  840. auths.port=ポート
  841. auths.bind_dn=バインド DN
  842. auths.bind_password=バインド パスワード
  843. auths.bind_password_helper=警告: このパスワードは暗号化されずに格納されます。特権を持つアカウントに使用しないでください。
  844. auths.user_base=ユーザ検索ベース
  845. auths.user_dn=User DN
  846. auths.attribute_username=Username attribute
  847. auths.attribute_username_placeholder=Leave empty to use sign-in form field value for user name.
  848. auths.attribute_name=名前属性
  849. auths.attribute_surname=名字属性
  850. auths.attribute_mail=Eメール属性
  851. auths.filter=User フィルター
  852. auths.admin_filter=Admin フィルター
  853. auths.ms_ad_sa=Ms Ad SA
  854. auths.smtp_auth=SMTP 認証の種類
  855. auths.smtphost=SMTP ホスト
  856. auths.smtpport=SMTP ポート
  857. auths.allowed_domains=許可されているドメイン
  858. auths.allowed_domains_helper=Leave it empty to not restrict any domains. Multiple domains should be separated by comma ','.
  859. auths.enable_tls=TLS 暗号化を有効にする
  860. auths.skip_tls_verify=TLSベリファイを省略
  861. auths.pam_service_name=PAMサービス名
  862. auths.enable_auto_register=自動登録を有効にする
  863. auths.tips=ヒント
  864. auths.edit=認証設定を編集
  865. auths.activated=認証がアクティブされました
  866. auths.new_success=新しい認証 '%s' が正常に追加されました。
  867. auths.update_success=認証の設定が正常に更新されました。
  868. auths.update=認証設定を更新
  869. auths.delete=この認証を削除
  870. auths.delete_auth_title=認証削除
  871. auths.delete_auth_desc=認証を削除します、継続しますか?
  872. auths.deletion_success=認証が正常に削除されました。
  873. config.server_config=サーバーの構成
  874. config.app_name=アプリケーション名
  875. config.app_ver=アプリケーションのバージョン
  876. config.app_url=アプリケーションの URL
  877. config.domain=ドメイン
  878. config.offline_mode=オフラインモード
  879. config.disable_router_log=ルーターのログを無効にする
  880. config.run_user=実行ユーザ
  881. config.run_mode=実行モード
  882. config.repo_root_path=リポジトリのルートパス
  883. config.static_file_root_path=静的ファイルのルートパス
  884. config.log_file_root_path=ログ ファイルのルート パス
  885. config.script_type=スクリプトの種類
  886. config.reverse_auth_user=リバース認証ユーザ
  887. config.db_config=データベースの構成
  888. config.db_type=タイプ
  889. config.db_host=ホスト
  890. config.db_name=名前
  891. config.db_user=ユーザ
  892. config.db_ssl_mode=SSL モード
  893. config.db_ssl_mode_helper=(「postgres」のみ)
  894. config.db_path=パス
  895. config.db_path_helper=(for "sqlite3" and "tidb")
  896. config.service_config=サービスの構成
  897. config.register_email_confirm=電子メールの確認を必要
  898. config.disable_register=登録を無効にする
  899. config.show_registration_button=登録ボタンを表示します。
  900. config.require_sign_in_view=サインインを要求
  901. config.enable_cache_avatar=アバターのキャッシュを有効にします。
  902. config.mail_notify=メール通知
  903. config.disable_key_size_check=最小キー サイズ チェックを無効にします
  904. config.enable_captcha=Captchaを有効にする
  905. config.active_code_lives=コードリンクの有効期限をアクティブ
  906. config.reset_password_code_lives=パスワードリンクの有効期限をリセット
  907. config.webhook_config=Webhook設定
  908. config.queue_length=キューの長さ
  909. config.deliver_timeout=送信タイムアウト
  910. config.skip_tls_verify=TLSの確認を省略
  911. config.mailer_config=メーラーの構成
  912. config.mailer_enabled=有効にした
  913. config.mailer_disable_helo=HELOコマンド無効
  914. config.mailer_name=名前
  915. config.mailer_host=ホスト
  916. config.mailer_user=ユーザ
  917. config.oauth_config=OAuth 構成
  918. config.oauth_enabled=Enabled
  919. config.cache_config=キャッシュの構成
  920. config.cache_adapter=キャッシュ アダプター
  921. config.cache_interval=キャッシュ間隔
  922. config.cache_conn=キャッシュ接続
  923. config.session_config=セッションの構成
  924. config.session_provider=セッション プロバイダー
  925. config.provider_config=プロバイダーの構成
  926. config.cookie_name=クッキー名
  927. config.enable_set_cookie=クッキーの設定を有効にする
  928. config.gc_interval_time=GC 間隔
  929. config.session_life_time=セッションのライフタイム
  930. config.https_only=HTTPS のみ
  931. config.cookie_life_time=クッキーのライフタイム
  932. config.picture_config=画像構成
  933. config.picture_service=画像サービス
  934. config.disable_gravatar=グラバターを無効にする
  935. config.log_config=ログの構成
  936. config.log_mode=ログ モード
  937. monitor.cron=Cron タスク
  938. monitor.name=名前
  939. monitor.schedule=スケジュール
  940. monitor.next=次回
  941. monitor.previous=前回
  942. monitor.execute_times=実行回数
  943. monitor.process=実行中のプロセス
  944. monitor.desc=説明
  945. monitor.start=開始日時
  946. monitor.execute_time=実行時間:
  947. notices.system_notice_list=システム通知
  948. notices.view_detail_header=お知らせの詳細を表示
  949. notices.actions=アクション
  950. notices.select_all=全て選択
  951. notices.deselect_all=すべて選択解除
  952. notices.inverse_selection=反転
  953. notices.delete_selected=選択項目を削除
  954. notices.delete_all=すべての通知を削除
  955. notices.type=タイプ
  956. notices.type_1=リポジトリ
  957. notices.desc=説明
  958. notices.op=Op。
  959. notices.delete_success=System notices have been deleted successfully.
  960. [action]
  961. create_repo=リポジトリ <a href="%s"> %s</a>を作成しました
  962. rename_repo=<code>%[1]s</code> から <a href="%[2]s">[3]s</a> にリポジトリ名を変更した
  963. commit_repo=<a href="%[1]s">%[4]s</a>を<a href="%[1]s/src/%[2]s">%[3]s</a>にプッシュしました
  964. create_issue=`問題 <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a> を開きました`
  965. create_pull_request=`プルリクエスト <a href="%s/pulls/%s"> %s[2]s</a>を作成`
  966. comment_issue=`問題 <a href="%s/issues/%s">%s#%[2]s</a> のコメント`
  967. merge_pull_request=`プルリクエスト <a href="%s/pulls/%s"> %s[2]s</a>をマージしました`
  968. transfer_repo=リポジトリ <code>%s</code> を <a href="%s">%s</a> へ転送しました
  969. push_tag=<a href="%[1]s">%[3]s</a> に タグ <a href="%[1]s/src/%[2]s">%[2]s</a> をプッシュしました
  970. compare_commits=View comparison for these %d commits
  971. [tool]
  972. ago=前
  973. from_now=今から
  974. now=今
  975. 1s=1 秒 %s
  976. 1m=1 分 %s
  977. 1h=1 時間 %s
  978. 1d=1 日 %s
  979. 1w=1 週間 %s
  980. 1mon=1 ヶ月 %s
  981. 1y=1 年間 %s
  982. seconds=%d 秒 %s
  983. minutes=%d 分の %s
  984. hours=%d 時間 %s
  985. days=%d 日 %s
  986. weeks=%d 週間 %s
  987. months=%d ヶ月 %s
  988. years=%d 年 %s
  989. raw_seconds=秒
  990. raw_minutes=分
  991. [dropzone]
  992. default_message=ここにファイルをドロップまたはクリックしてアップロードします。
  993. invalid_input_type=このタイプのファイルはアップロードできません.
  994. file_too_big=ファイルのサイズ ({{filesize}} MB) では、最大サイズ ({{maxFilesize}} MB) を超えています。
  995. remove_file=ファイル削除